漫画のことを中心に、アニメやゲームなどのことも書いていきたいと思います。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
RECOMMEND
ソラニン 2 (ヤングサンデーコミックス)
ソラニン 2 (ヤングサンデーコミックス) (JUGEMレビュー »)
浅野 いにお
最近購入したもの。未読
Death note (11)
Death note (11) (JUGEMレビュー »)
大場 つぐみ, 小畑 健
最近購入したもの。未読
リーンの翼 1
リーンの翼 1 (JUGEMレビュー »)

最近購入したもの。
第1話「招かれざるもの」を収録。早くオーラバトラーの戦闘シーンが見たいです。
電波の城 1 (1)
電波の城 1 (1) (JUGEMレビュー »)
細野 不二彦
最近購入したもの。
サクラ大戦 漫画版 1 (1)
サクラ大戦 漫画版 1 (1) (JUGEMレビュー »)
広井 王子, 政 一九
最近購入したもの。
1〜5巻までを一気に購入。
非常にいい出来で満足しています。話の進み方がだいぶゆっくりなのがツライところですが(汗)
アキバ署! 2 (2)
アキバ署! 2 (2) (JUGEMレビュー »)
瀬尾 浩史
最近購入したもの。
ハツカネズミの時間 2 (2)
ハツカネズミの時間 2 (2) (JUGEMレビュー »)
冬目 景
最近購入したもの。
無限の住人 19 (19)
無限の住人 19 (19) (JUGEMレビュー »)
沙村 広明
最近購入したもの。
不死の怪物登場の少し前までを収録。
相変わらず山田先生は面白い(笑)
MOTHER3
MOTHER3 (JUGEMレビュー »)

最近購入したもの。
やはりなんかプレイしていて懐かしい気分になりますね。
現在第5章を攻略中。
<< ガラスの艦隊 第4話 | main | 夢使い 第4話 >>
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | PAGE TOP↑
アフタヌーン6月号
category: 漫画 | author: RYO
アフタヌーン6月号の感想を書きたいと思います。

表紙は無限の住人。

「無限の住人」

万次の腕を拾ってさぁ脱出!・・・といきたいところでしたが、なんと落ちていた腕を拾ったのは川上練造!

そして尸良(だよな?)までもが登場。

練造は万次に腕を返すことなく尸良のもとへ!

そして城の外には天津影久の姿が・・・やはりカッコイイな(笑)

でも腕がないってことは結構ヤバイんじゃ・・・(汗)

単行本19巻発売中。

「おおきく振りかぶって」

今回は次の対戦相手が決まる試合を観戦。

そして10割打者の(もう違いますが)佐倉のサヨナラホームランで崎玉高校が勝利、よって西浦の次の相手は崎玉高校。

多分・・・いや絶対にこの試合もとんでもなく長いんだろうなぁ(笑)

「謎の彼女X」

今回は卜部の写真がとりたい、という話。

卜部のヤキモチ?も見所のひとつ。

それにしてもこの人が描く女の子は可愛らしいですな。

アニメ 夢使いも放送中。

「げんしけん」

楽しかった、ときには怒った、またときには悲しかった・・・

そんな思い出がつまったこの部室での日々もあとわずか。

というわけで笹原君や咲ちゃんの卒業が近づいてます。

今回の話ではセリフと呼べるものはありません(斑目の笑いがありますが、あれはセリフではないと思ってます)。

でもセリフがなくても絵を見ているだけで不思議と会話がうかんできます。

個人的には笹原君と荻上さんのやりとりの場面が微笑ましくて好きです。

とくに荻上さんの髪型がGood!(笑)

そして次回、いよいよ最終回です。ヤバイなんか泣きそうだ(泣)

「ヴィンランド・サガ」

作者の幸村氏に長男が誕生されたため、今回は特別編ということでトルフィンの姉ユルヴァの物語&減ページ(汗)

そのタイトルも「はたらくユルヴァちゃん」(笑)

トールズの死を伝えられたユルヴァの物語。

悲しみを振り払うかのように毎日朝から晩まで働くユルヴァ・・・

そして最後は母親の胸の中で泣いてしまうユルヴァ。

なんとも美しい女性だと見ていて思いました、最後の涙も(こう書いては何か変ですが)とても綺麗でした。

これならば立派に家計を支えていけるでしょう。

「宙のまにまに」

まぁなんというか美星は良くも悪くも天然なんだなという話(汗)

でもこういう子っていいなと思います。姫ちゃんにも頑張ってもらいたいですけどね(汗)

「隠り江(こもりえ)〜連作蟲師 第三十六話」

なんとも幻想的で美しいカラーページ付き。

今回は自分の意識を特定の相手に伝えることができるという話。

まぁ簡単に書けばこんなところです(汗)

今回の主役は「スミ、ゆら」というふたりの女性。

相変わらず漆原さんは面白い名前を(笑)

そういえばもうすぐBSフジでアニメが始まりますね(21話からだったな)。DVDで一、二集は持っていますが、やはりそろそろ新しいのが見たいんですよね。

なんでも夏休み全国6大都市(東京、大阪、札幌、名古屋、福岡、広島)にて、このテレビ未放送の6話の試写会が開催されるようです。

なんかいろいろとスゴイですね。

「すずめすずなり」

最終回です。うわぁなんか好きな作品が次々に終わってしまう(泣)

すべていい感じで終わってくれて本当によかったです。

「気持ちが一方通行じゃない限り、人とのつながりってのは、ず〜っと続いていくんじゃないか」

おぉ〜なんかイイこと言うな橋本君!!最初とはまるで別人だ(笑)

多恵子ちゃんも気がつけばこんなにも成長していたんですね。

みんな、ひとつ屋根の下・・・いいですよね。

話的には短かったけれどほんとに好きな作品でした。

次回作期待します!


来月号では「げんしけん」が最終回ですか・・・

う〜ん好きな作品が終わってしまうのは悲しいですが、また新しく始まる作品にも期待したいと思います。

では今日はこのへんで。
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク
- | - | PAGE TOP↑






この記事のトラックバックURL : http://ryo-book.jugem.jp/trackback/183
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH